女性の薄毛の悩みについて

男性だけではなく、女性も薄毛に悩むかたは多くいます。しかし、男性のAGA(男性型脱毛症)治療に効果を発揮するプロペシアも女性には効きません。それどころか女性には副作用がでますのでぜったいに使用しないでください。
今回は、女性の薄毛の悩みについて調べてみました。一般的に、男性は年をとるにつれて髪が少なくなり、はげ頭になる人もいますが、この頃は女性の薄毛も珍しくなくなっています。髪は加齢と共に変化し始め、白髪となったり、抜け落ちたりするものです。染めることでごまかせる白髪とは違い、薄毛の悩みはかなり深刻のようです。

人間の髪とは、一定期間が経てば抜けますが、また新しく再生するものです。しかし、年齢の影響で抜けてしまった髪は、ホルモンバランスの関わりで再生されないことがあります。地肌が見えてしまうくらい薄毛が進んだ部分に、新しく毛を再生させようとするのは非常に困難です。薄毛は、年齢と共に症状が進行していく人が多いようですが、この頃はまだ若いうちから薄毛が目立つようになる男性もあます。とにかく髪を増やしたい人や、なんとか薄毛から脱却したいと切に思っている人も大勢いるようです。

薄毛の根治方法は、残念ながら確立されていません。女性の薄毛に対しても、年齢を重ねるにつれて段々と目立つようになり、気に掛ける人が増えてきています。髪はホルモンの影響に左右されることが多いものです。女性の薄毛は、男性ほど頭髪が減ったり、はげた状態になることは滅多にありません。しかし、薄毛の症状が確認できるとは、男性も女性も同様のものです。しっかりした太い髪だった女性でも、閉経後にホルモンバランスの変化に伴い髪が細くなります。頭頂部から髪が順々に減っていき、薄毛が目立ってくるという女性は少なくありません。

女性用の育毛剤としては「ロゲイン女性用」がおすすめです。

女性の薄毛と育毛剤

男性だけではなく、女性も薄毛に悩むかたは多くいます。しかし、男性のAGA(男性型脱毛症)治療に効果を発揮するプロペシアも女性には効きません。それどころか女性には副作用がでますのでぜったいに使用しないでください。

しかし、薄毛に悩んでいるのは女性が年々増えているそうです。女性が薄毛になると、加齢に従って徐々に薄毛が目につくようになります。女性の薄毛は、主に頭頂部を中心に少しずつ髪が薄くなっていく傾向があります。

年齢を重ねるたびに髪が段々と細くなり、髪全体の量も若いころと比べると減っていってしまいます。多くの女性が、年を取ると共に目につくようになる薄毛の回復を望んでいます。あいにく、薄毛を治療し、髪を以前の状態にする技術は確立されていません。

代わりに、少しでも薄毛を解消するために今ではさまざまな育毛剤が販売されています。育毛剤は、かつては男性用が主流でしたが、女性用の育毛剤も増えています。女性用育毛剤は2種類あります。主に頭皮などの血行を促進し、髪が成長するのを助ける効果のあるタイプと髪の細胞に直接働きかけ発毛を促すタイプがあります。女性の場合、皮膚科の病院で育毛効果のある薬を出してもらうというやり方があります。皮膚科の診療を受けてみましょう。美容などのために販売されている市販の育毛剤よりも、病院で出してもらえる薬の方が効果が高い傾向があります。

育毛剤選びでは、自分の髪質や薄毛の症状によって相性がいいものを選ぶべきですが、まず男性用育毛剤か、女性用育毛剤かをきちんと識別することが重要です。

女性の育毛剤としては「ロゲイン女性用」の評価が高いようです。

エイジングケアに役立つサプリメントの種類

若く見られるためには育毛対策だけではいけません。せっかくプロペシアで増毛しても、エイジング効果は半減です。
そこで育毛対策と同時にエイジングケアについても取り組みましょう。

エイジングケアに役立つサプリメントは、たくさんの種類があり、様々なサプリメント商品が販売されています。エイジングケアに役立つ栄養素には何があり、それぞれどんな作用が体にあるかを知ることで、エイジングケアのサプリメントが選びやすくなります。

肌のシミやくすみに対しては、美白作用があるビタミンCや、紫外線によるシミなどに効果のあるシステインがおすすめです。オリーブオイルエキスは抗酸化作用が高く、シミを形成するメラニン色素の排出に効果があります。しみやたるみの解消に効果を発揮します。コラーゲンやエラスチンはエイジングケアに有効な成分で、肌を瑞々しい状態にし続けることができます。コラーゲンなどの働きを助けるビタミンC、肌の潤いを保ってくれるヒアルロン酸なども人気があります。

代謝を高め、エイジングケアに効果を及ぼそうとするサプリメントもあります。ビタミンB群、ビタミンC、そしてアトピー改善などにも使われるビオチンは、お肌に沈着してしまった色素を剥がれやすくする効果があります。ターンオーバーという一定の周期で肌は入れ代わっており、そのためにきれいな状態を保てます。年齢を重ねると肌の白さや弾力が失われるのは、ターンオーバーがうまくいかずにメラニン色素が居座るためです。若々しい肌を維持するためには、エイジングケアサプリメントの活用と、お肌のお手入れが大事です。

エイジングケアで注意すべきサプリメントの飲み合わせ

若く見られるためには育毛対策だけではいけません。せっかくプロペシアで増毛しても、エイジング効果は半減です。
そこで育毛対策と同時にエイジングケアについても取り組みましょう。

エイジングケアのサプリメントに限らず、異なるサプリメントやサプリメントと薬を同時利用する時は注意しなれればならない点もあります。双方の良さがより高められるサプリメントの組み合わせもあります。

反対に飲み合わせが悪いと、重篤な問題を引き起こす可能性もあります。コラーゲンとビタミンCの組み合わせは、エイジングケア効果を高める作用があると言われています。ビタミンCは、体の中でコラーゲンをつくる機能を助ける栄養素だと言われていますので、コラーゲンのサプリメントと一緒に摂ると効果が後押しされます。

飲みあわせに問題があり、エイジングケアの効果が引き出せないものもあります。ビタミン類やコエンザイムQ10と、キチンキトサンなどダイエット系のサプリメントです。体内に吸収されないように働きかけたり、成分の効果が発揮できないようにされてしまうサプリメントの組み合わせがあります。

エイジングケアに役立つサプリメントをコーヒーや紅茶、お茶などのタンニンやカフェインが含まれている飲み物で摂取するのも体に良くありません。他の栄養素と結びついて、吸収を阻害する作用があるとされています。そうなると、体の中で使いたくても、栄養素を吸収することができなくなってしまいます。サプリメントでエイジングケアの成分を補給するには、水か白湯がおすすめです。

産後の脱毛は元に戻るのでしょうか?

産後髪の毛が抜けて薄毛になってしまわれる方もいるようですが、これはどうすればもとに戻すことができるのでしょうか?

産後は、急激にホルモンバランスが崩れるため、髪の毛が抜けてしまう方もいるようです。これは、ホルモンバランスがもどることで元に戻りますが、完全にホルモンバランスがもどるには、産後1年~2年程度かかってしまうこともあるようです。それではその間に何か対策があるかというと、これといった具体的な対策はないのが現状です。

当たり前のことですが、バランスの良い食事や十分な睡眠、ストレスの解消など規則正しい生活を心がけホルモンバランスを整えることが健康な髪の毛を取り戻す最善策となります。とはいえ、赤ちゃんが生まれたということですので、実際にはなかなか規則正しい生活を送るのは難しいと思いますが、あまり気にしすぎないことが大切かと思います。

多少抜け毛が増えたとしても、「どうせすぐに戻るんだ」という軽い気持ちでいることが、症状の悪化を防ぐことになります。いまは精巧ウィッグもありますので、それらをうまく活用して乗り切っていきましょう。

ちなみに、産後脱毛はホルモンバランスが抜け毛の要因ですので、育毛剤などを塗っても生えてくるというものではありません。健康的な心と生活を送るように心がけていきましょう!