女性の薄毛の原因とは

男性だけではなく、女性も薄毛に悩むかたは多くいます。しかし、男性のAGA(男性型脱毛症)治療に効果を発揮するプロペシアも女性には効きません。それどころか女性には副作用がでますのでぜったいに使用しないでください。

しかし、女性でも男性と同じように薄毛は気になるものです。髪の量は人によって様々で、髪が少ない人もいれば、たっぷりとした髪を持っている人もいます。一般的に薄毛になる原因はいくつか挙げられていますが、薄毛は年齢によっても、その原因が違ってきます。

まず、男性と女性とでは、薄毛になる理由が違います。なぜ薄毛になる人がいるのか、基本的な部分をよく理解しておくことが重要になってきます。髪の量は、多くの場合ホルモン分泌と関係しています。若いころのホルモン量と、年をとってからのホルモン量には開きがあることが判明しています。頭髪はストレスの影響を受けやすいとも言われており、現代人はストレス過多な生活で薄毛になりやすいといいます。よく薄毛や禿は、遺伝や家系が関係していると言う人が大勢います。遺伝で髪が抜けやすくなるという例は、意外と少ないようです。

生活サイクルや、普段の食事内容が、薄毛と密接に関わっています。特に髪質は、ホルモンの影響でずいぶんと変化します。閉経後の女性はホルモンバランスが変わって男性に近づくために、男性のように薄毛が進行する例があるようです。薄毛の原因としては、頭髪の元となる頭皮が荒れていることがあります。正しい洗髪で、地肌を健康な状態に維持することによって薄毛にはなりにくくなりますので、十分ヘアケアをしましょう。
それでも改善されないようなら、女性用の育毛剤「ロゲイン女性用」がおすすめです。