女性の育毛に必要な食生活

近年、薄毛はもはや男性だけの悩みではなくなり、若い女性でも薄毛で悩むようになりました。原因は、遺伝やストレスなどさまざまですが、食生活を改善すればいくらでもまだまだ育毛が可能です。そこで、育毛に必要な栄養素をご紹介します。

昔から、わかめや昆布などの海藻類をたくさん食べると毛髪に良いと言われていますが、これだけをたくさん食べても育毛につながるわけではありません。育毛にはバランスの良い食生活が必須です。特に女性の毛髪には良質なたんぱく質、ミネラル、ビタミンE、そして亜鉛が欠かせません。

たんぱく質が不足すると、髪の毛が細く弱いものになってしまいます。強い髪の毛に育てるには良質なたんぱく質がまず大事です。主に、大豆や豆腐、白身魚、卵、チーズ、牛乳、そして鶏肉などが挙げられます。

ミネラルとは、毛髪に必要な栄養素を運んでくれる鉄分で構成されており、潤いのある毛髪には欠かせません。主に、レバー、ほうれん草、牛肉、ほうれん草やまぐろなどが挙げられます。緑黄色野菜や赤身の食べ物がこれらに当たります。

ビタミンEは、女性ホルモンの分泌をスムーズにする作用があり、これが欠けると過酸化脂質という物質が増え、抜け毛の原因になってしまいます。過酸化脂質を抑えると、毛根への血液の流れが良くなり、頭皮の血行が促進され、育毛に必要な栄養素がスムーズに運ばれるようになります。主に、ごま、アボカド、アーモンドやオリーブオイルなどに多く含まれます。

亜鉛は身体の新陳代謝を高めてくれる働きがあり、発毛に必要不可欠な栄養素です。毛髪を作る細胞の誕生や再生を促すので、亜鉛が欠けると新しい毛髪は生まれません。そして、キューティクルの育成を助ける働きもあります。主に、納豆、ピーナッツ、いわし、高野豆腐などに多く含まれます。ビタミンCやクエン酸と一緒に摂取すると、より効果的です。

逆に、育毛を妨げる食事の摂り方もあります。辛いものやインスタント食品、ファストフードなど、添加物や脂質を多く含んだ食品ばかりを摂取していると、皮脂が過剰に分泌されて毛穴をふさいでしまします。そうなると、せっかく新しい毛髪が育とうとしても育ちません。そして、過剰な皮脂が頭皮の炎症の原因となってしまいます。

また、アルコールの摂りすぎにも注意をしてください。過剰にアルコールを撮り過ぎると、肝臓がアルコールを分解させることに注力してしまい、発毛に必要な栄養素が頭皮に運ばれずに肝臓の働きの方に使われてしまいます。アルコールはほどほどにしてください。

このように、育毛にはバランスの取れた食生活が必要不可欠です。上記に挙げた栄養素だけをたくさん摂っても意味がありません。色々な栄養素を摂って初めて相互作用が生まれ、育毛につながりますので、バランスの良い食事を取るよう、ぜひ心がけてください。