女性の育毛に必要な食生活

近年、薄毛はもはや男性だけの悩みではなくなり、若い女性でも薄毛で悩むようになりました。原因は、遺伝やストレスなどさまざまですが、食生活を改善すればいくらでもまだまだ育毛が可能です。そこで、育毛に必要な栄養素をご紹介します。

昔から、わかめや昆布などの海藻類をたくさん食べると毛髪に良いと言われていますが、これだけをたくさん食べても育毛につながるわけではありません。育毛にはバランスの良い食生活が必須です。特に女性の毛髪には良質なたんぱく質、ミネラル、ビタミンE、そして亜鉛が欠かせません。

たんぱく質が不足すると、髪の毛が細く弱いものになってしまいます。強い髪の毛に育てるには良質なたんぱく質がまず大事です。主に、大豆や豆腐、白身魚、卵、チーズ、牛乳、そして鶏肉などが挙げられます。

ミネラルとは、毛髪に必要な栄養素を運んでくれる鉄分で構成されており、潤いのある毛髪には欠かせません。主に、レバー、ほうれん草、牛肉、ほうれん草やまぐろなどが挙げられます。緑黄色野菜や赤身の食べ物がこれらに当たります。

ビタミンEは、女性ホルモンの分泌をスムーズにする作用があり、これが欠けると過酸化脂質という物質が増え、抜け毛の原因になってしまいます。過酸化脂質を抑えると、毛根への血液の流れが良くなり、頭皮の血行が促進され、育毛に必要な栄養素がスムーズに運ばれるようになります。主に、ごま、アボカド、アーモンドやオリーブオイルなどに多く含まれます。

亜鉛は身体の新陳代謝を高めてくれる働きがあり、発毛に必要不可欠な栄養素です。毛髪を作る細胞の誕生や再生を促すので、亜鉛が欠けると新しい毛髪は生まれません。そして、キューティクルの育成を助ける働きもあります。主に、納豆、ピーナッツ、いわし、高野豆腐などに多く含まれます。ビタミンCやクエン酸と一緒に摂取すると、より効果的です。

逆に、育毛を妨げる食事の摂り方もあります。辛いものやインスタント食品、ファストフードなど、添加物や脂質を多く含んだ食品ばかりを摂取していると、皮脂が過剰に分泌されて毛穴をふさいでしまします。そうなると、せっかく新しい毛髪が育とうとしても育ちません。そして、過剰な皮脂が頭皮の炎症の原因となってしまいます。

また、アルコールの摂りすぎにも注意をしてください。過剰にアルコールを撮り過ぎると、肝臓がアルコールを分解させることに注力してしまい、発毛に必要な栄養素が頭皮に運ばれずに肝臓の働きの方に使われてしまいます。アルコールはほどほどにしてください。

このように、育毛にはバランスの取れた食生活が必要不可欠です。上記に挙げた栄養素だけをたくさん摂っても意味がありません。色々な栄養素を摂って初めて相互作用が生まれ、育毛につながりますので、バランスの良い食事を取るよう、ぜひ心がけてください。

女性の薄毛の原因とは

男性だけではなく、女性も薄毛に悩むかたは多くいます。しかし、男性のAGA(男性型脱毛症)治療に効果を発揮するプロペシアも女性には効きません。それどころか女性には副作用がでますのでぜったいに使用しないでください。

しかし、女性でも男性と同じように薄毛は気になるものです。髪の量は人によって様々で、髪が少ない人もいれば、たっぷりとした髪を持っている人もいます。一般的に薄毛になる原因はいくつか挙げられていますが、薄毛は年齢によっても、その原因が違ってきます。

まず、男性と女性とでは、薄毛になる理由が違います。なぜ薄毛になる人がいるのか、基本的な部分をよく理解しておくことが重要になってきます。髪の量は、多くの場合ホルモン分泌と関係しています。若いころのホルモン量と、年をとってからのホルモン量には開きがあることが判明しています。頭髪はストレスの影響を受けやすいとも言われており、現代人はストレス過多な生活で薄毛になりやすいといいます。よく薄毛や禿は、遺伝や家系が関係していると言う人が大勢います。遺伝で髪が抜けやすくなるという例は、意外と少ないようです。

生活サイクルや、普段の食事内容が、薄毛と密接に関わっています。特に髪質は、ホルモンの影響でずいぶんと変化します。閉経後の女性はホルモンバランスが変わって男性に近づくために、男性のように薄毛が進行する例があるようです。薄毛の原因としては、頭髪の元となる頭皮が荒れていることがあります。正しい洗髪で、地肌を健康な状態に維持することによって薄毛にはなりにくくなりますので、十分ヘアケアをしましょう。
それでも改善されないようなら、女性用の育毛剤「ロゲイン女性用」がおすすめです。

女性の薄毛の悩みについて

男性だけではなく、女性も薄毛に悩むかたは多くいます。しかし、男性のAGA(男性型脱毛症)治療に効果を発揮するプロペシアも女性には効きません。それどころか女性には副作用がでますのでぜったいに使用しないでください。
今回は、女性の薄毛の悩みについて調べてみました。一般的に、男性は年をとるにつれて髪が少なくなり、はげ頭になる人もいますが、この頃は女性の薄毛も珍しくなくなっています。髪は加齢と共に変化し始め、白髪となったり、抜け落ちたりするものです。染めることでごまかせる白髪とは違い、薄毛の悩みはかなり深刻のようです。

人間の髪とは、一定期間が経てば抜けますが、また新しく再生するものです。しかし、年齢の影響で抜けてしまった髪は、ホルモンバランスの関わりで再生されないことがあります。地肌が見えてしまうくらい薄毛が進んだ部分に、新しく毛を再生させようとするのは非常に困難です。薄毛は、年齢と共に症状が進行していく人が多いようですが、この頃はまだ若いうちから薄毛が目立つようになる男性もあます。とにかく髪を増やしたい人や、なんとか薄毛から脱却したいと切に思っている人も大勢いるようです。

薄毛の根治方法は、残念ながら確立されていません。女性の薄毛に対しても、年齢を重ねるにつれて段々と目立つようになり、気に掛ける人が増えてきています。髪はホルモンの影響に左右されることが多いものです。女性の薄毛は、男性ほど頭髪が減ったり、はげた状態になることは滅多にありません。しかし、薄毛の症状が確認できるとは、男性も女性も同様のものです。しっかりした太い髪だった女性でも、閉経後にホルモンバランスの変化に伴い髪が細くなります。頭頂部から髪が順々に減っていき、薄毛が目立ってくるという女性は少なくありません。

女性用の育毛剤としては「ロゲイン女性用」がおすすめです。

女性の薄毛と育毛剤

男性だけではなく、女性も薄毛に悩むかたは多くいます。しかし、男性のAGA(男性型脱毛症)治療に効果を発揮するプロペシアも女性には効きません。それどころか女性には副作用がでますのでぜったいに使用しないでください。

しかし、薄毛に悩んでいるのは女性が年々増えているそうです。女性が薄毛になると、加齢に従って徐々に薄毛が目につくようになります。女性の薄毛は、主に頭頂部を中心に少しずつ髪が薄くなっていく傾向があります。

年齢を重ねるたびに髪が段々と細くなり、髪全体の量も若いころと比べると減っていってしまいます。多くの女性が、年を取ると共に目につくようになる薄毛の回復を望んでいます。あいにく、薄毛を治療し、髪を以前の状態にする技術は確立されていません。

代わりに、少しでも薄毛を解消するために今ではさまざまな育毛剤が販売されています。育毛剤は、かつては男性用が主流でしたが、女性用の育毛剤も増えています。女性用育毛剤は2種類あります。主に頭皮などの血行を促進し、髪が成長するのを助ける効果のあるタイプと髪の細胞に直接働きかけ発毛を促すタイプがあります。女性の場合、皮膚科の病院で育毛効果のある薬を出してもらうというやり方があります。皮膚科の診療を受けてみましょう。美容などのために販売されている市販の育毛剤よりも、病院で出してもらえる薬の方が効果が高い傾向があります。

育毛剤選びでは、自分の髪質や薄毛の症状によって相性がいいものを選ぶべきですが、まず男性用育毛剤か、女性用育毛剤かをきちんと識別することが重要です。

女性の育毛剤としては「ロゲイン女性用」の評価が高いようです。

産後の脱毛は元に戻るのでしょうか?

産後髪の毛が抜けて薄毛になってしまわれる方もいるようですが、これはどうすればもとに戻すことができるのでしょうか?

産後は、急激にホルモンバランスが崩れるため、髪の毛が抜けてしまう方もいるようです。これは、ホルモンバランスがもどることで元に戻りますが、完全にホルモンバランスがもどるには、産後1年~2年程度かかってしまうこともあるようです。それではその間に何か対策があるかというと、これといった具体的な対策はないのが現状です。

当たり前のことですが、バランスの良い食事や十分な睡眠、ストレスの解消など規則正しい生活を心がけホルモンバランスを整えることが健康な髪の毛を取り戻す最善策となります。とはいえ、赤ちゃんが生まれたということですので、実際にはなかなか規則正しい生活を送るのは難しいと思いますが、あまり気にしすぎないことが大切かと思います。

多少抜け毛が増えたとしても、「どうせすぐに戻るんだ」という軽い気持ちでいることが、症状の悪化を防ぐことになります。いまは精巧ウィッグもありますので、それらをうまく活用して乗り切っていきましょう。

ちなみに、産後脱毛はホルモンバランスが抜け毛の要因ですので、育毛剤などを塗っても生えてくるというものではありません。健康的な心と生活を送るように心がけていきましょう!