若さの秘訣

アンチエイジングの為に私が日々参考にするのは雑誌で美魔女がオススメの〇〇とかではなく、りあるな身近な年配の方の生活習慣や使っている化粧品、食べものなどです。

それは雑誌で修正などされている美魔女などではなく、目の前にいる人の肌艶などだからリアリティがあり信用できる意見だからです。

まずはやはり1番きになるお肌のハリ、艶の事に関してですが大地真央さんがやってる無糖ヨーグルトにきなことかではなく、毎朝食パンを焼いて食べること。これは何人もの方が毎朝食パンでした。こんな簡単な事で良いなら続けれます。でも菓子パンなどはNGです。要するに毎朝しっかりと食べることが大切みたいです。

次にお昼御飯は皆さん軽めの方が多いです。夜はそこそこに和食を中心に食べています。そんな食生活を参考に続けていくと食べ過ぎな日が減り、ちゃんと三食前にはお腹が空くのが自分でらわかるのです。

朝を抜いたり、ジャンクな食べ物ばかりの胃腸より、いつも適度に余力のある胃腸の方が体調も便通も整い、結果お肌もハリ、艶が出てくるのではないかなと思います。

間食は3時くらいに好きなものをお茶や、コーヒーで。決して和菓子ばかりではなく洋菓子やクリームチーズなど何でも食べています。

化粧水は皆さんそこそこの物をドラックストアなどで。ピンポイントにシミ取りや美白などはちょっとお高めの物を使っています。

髪の毛は年齢とともに乾燥やらクセ毛になやまされますが、高いオイルなどでなく、オーガニックでもなく普通のシャンプーを2日に一回にすることで自らの頭皮からの皮脂が出ていい感じにしっとりしてきます。まぁ夏場は無理かもしれませんが、これはドライヤーの熱も2日に一回で良いので傷みにくいのです。

歯にも年齢はでますから定期検診は欠かせませんが、笑った時にチラッと見える銀歯はとても年齢を感じさせますのでできれば、ハイブリッドやセラミックなどの詰め物を白い物に交換していくと良いと思います。自費治療なのでお金はかかりますが歯は大切なのでいくつになっても自分の歯で食べたりしたいですしね。

丸い背中も年齢を物語るので、いつもほんの少しお腹に意識をして真っ直ぐな後ろ姿を心がけています。そして適度なストレスに晒された方が生きるバイタリティになりますので、好きな事も嫌いな事もこなしつつ、自分の時間を確保し心の声を聞き、毎日を一生懸命大切に過ごすことが若くあり続ける秘訣だと思います。

以上はほとんどが周りにいる輝いてる年配の方の日常なのです。私もそうなりたいなぁと日々参考にさせていただいているのでした。

身体の老化STOP!

年齢とともに、痩せにくくなってきたり、疲れやすかったり、シミができやすくなったり、シワなど、本当嫌なことばっかりです!

なにより今、自分が体験中の嫌なことが痩せにくい事と、そして妊娠しにくい事。身体の衰えを、これ以上進めない為にもアンチエイジングです!かといってあまり、お金はかけたくないので規則正しい生活習慣と、食生活で改善をしていけたらなぁと思ってます。

まずは、睡眠!アロマ等をたいて六時間以上は必ず睡眠をとる事。お風呂もシャワーですまさず、湯船につかる事。適度な運動。これはなかなか難しい。意識して歩くようにしたり、エスカレーター等使わず、階段にするようにしたり等した方がいいと分かってても、つい楽をしてしまいます。

だけど最近、ポケモンGO が流行っていてこれは、外に出ないとアイテムもレアポケモンもget出来ないので、年齢関係なくハマってる人も多いのでもちろん私もです。なので、以前よりも外に出よう!歩こう!という意識が高まります。

歩き回ることが、楽しく感じられ良い運動になります。そして食生活では、各野菜やフルーツを毎日簡単にとりいれられるようジュースにしていただきます。

シミ予防に良いものはグレープフルーツ、ヨーグルト、キウイブロッコリー、無調整豆乳など。シワ予防に良いものはピーマン、グレープフルーツ、きゅうりメロン、無調整豆乳、牛乳など。

むくみ改善に良いものはアボガド、パセリ、豆乳、冬瓜、モロヘイヤなど。

美肌に良いものはいちご、ヨーグルト、オリゴ糖、トマトグレープフルーツなど。アンチエイジングに良いものはニンジン、オレンジ、グレープフルーツ、アーモンド、サニーレタス、無調整豆乳、パイナップルなど。

デトックスに良いものはトマト、ニンジン、バナナ、小松菜、水菜など。こうした食材を、組み合わせてジュースにして効率良く、自分の体に取り入れる事で、簡単に美味しく改善していけれると思います。

旬のものではない時季のときは、食材によっては、少しお高くついちゃいますが、高いお金を払って、エステやサロンに行ったり、高い化粧品を買ったり、あやしいサプリメントを買ったりするよりはだんぜん、お安くアンチエイジングができると思います。

エイジングケアに役立つサプリメントの種類

若く見られるためには育毛対策だけではいけません。せっかくプロペシアで増毛しても、エイジング効果は半減です。
そこで育毛対策と同時にエイジングケアについても取り組みましょう。

エイジングケアに役立つサプリメントは、たくさんの種類があり、様々なサプリメント商品が販売されています。エイジングケアに役立つ栄養素には何があり、それぞれどんな作用が体にあるかを知ることで、エイジングケアのサプリメントが選びやすくなります。

肌のシミやくすみに対しては、美白作用があるビタミンCや、紫外線によるシミなどに効果のあるシステインがおすすめです。オリーブオイルエキスは抗酸化作用が高く、シミを形成するメラニン色素の排出に効果があります。しみやたるみの解消に効果を発揮します。コラーゲンやエラスチンはエイジングケアに有効な成分で、肌を瑞々しい状態にし続けることができます。コラーゲンなどの働きを助けるビタミンC、肌の潤いを保ってくれるヒアルロン酸なども人気があります。

代謝を高め、エイジングケアに効果を及ぼそうとするサプリメントもあります。ビタミンB群、ビタミンC、そしてアトピー改善などにも使われるビオチンは、お肌に沈着してしまった色素を剥がれやすくする効果があります。ターンオーバーという一定の周期で肌は入れ代わっており、そのためにきれいな状態を保てます。年齢を重ねると肌の白さや弾力が失われるのは、ターンオーバーがうまくいかずにメラニン色素が居座るためです。若々しい肌を維持するためには、エイジングケアサプリメントの活用と、お肌のお手入れが大事です。

エイジングケアで注意すべきサプリメントの飲み合わせ

若く見られるためには育毛対策だけではいけません。せっかくプロペシアで増毛しても、エイジング効果は半減です。
そこで育毛対策と同時にエイジングケアについても取り組みましょう。

エイジングケアのサプリメントに限らず、異なるサプリメントやサプリメントと薬を同時利用する時は注意しなれればならない点もあります。双方の良さがより高められるサプリメントの組み合わせもあります。

反対に飲み合わせが悪いと、重篤な問題を引き起こす可能性もあります。コラーゲンとビタミンCの組み合わせは、エイジングケア効果を高める作用があると言われています。ビタミンCは、体の中でコラーゲンをつくる機能を助ける栄養素だと言われていますので、コラーゲンのサプリメントと一緒に摂ると効果が後押しされます。

飲みあわせに問題があり、エイジングケアの効果が引き出せないものもあります。ビタミン類やコエンザイムQ10と、キチンキトサンなどダイエット系のサプリメントです。体内に吸収されないように働きかけたり、成分の効果が発揮できないようにされてしまうサプリメントの組み合わせがあります。

エイジングケアに役立つサプリメントをコーヒーや紅茶、お茶などのタンニンやカフェインが含まれている飲み物で摂取するのも体に良くありません。他の栄養素と結びついて、吸収を阻害する作用があるとされています。そうなると、体の中で使いたくても、栄養素を吸収することができなくなってしまいます。サプリメントでエイジングケアの成分を補給するには、水か白湯がおすすめです。

抗酸化サプリメントとは

老化防止を目的として、抗酸化成分をサプリメントで取り入れるという人が大勢います。

抗酸化サプリメントとはいったいどのようなものなのでしょうか。活性酸素が身体の中で発生すると老化の原因のひとつになります。抗老化作用とは、活性酸素を減らすことで老化を予防することで、美容や健康の視点がも関心が深い分野です。

抗酸化力を持つ成分を含有したサプリメントは、アンチエイジングに良いとして活用されています。コエンザイムQ10、アスタキサンチン、レスベラトロールなどが、抗酸化力の高い物質として用いられています。

サプリメントで摂取することで、錆びた体を元どおりにできるといいます。元々人間の細胞の中に存在しているコエンザイムQ10は、活性酸素の除去や、エネルギー代謝の活性化効果が期待できます。年齢を重ねると共に体内から減少していくのがコエンザイムQ10 の特徴です。

抗酸化のためにもサプリメントなどで摂取するのがおすすめです。抗酸化力の高い成分としてニンジンやカボチャに含まれるβカロテンがありますが、アスタキサンチンの抗酸化力はその10倍です。強い紫外線を浴びても、活性酸素が増えすぎないようにする効果が得られます。アンチエイジング効果が高いと言われているレスペラトロールは、赤ワインなどから摂取できるポリフェノールの一種で、抗酸化力がとても高い成分です。老化による体の衰えを緩和するために、ポリフェノール等の抗酸化物質を補給できるサプリメントを積極的に使っていくといいでしょう。